TOP > アーシンクリサイクルシステム > セキュリティー管理

セキュリティー管理

使用済みユニフォームの流出防止が重要です

ユニフォームを使った犯罪に注意!

最近、ユニフォームにまつわる犯罪が目立ち始めています。ユニフォームのネットオークションでの販売、それを目的とした窃盗事件、宅配業者を装った犯罪、水道局員を装った詐欺などなど。

  • 事例1: 制服姿で警察官を装い男性を拉致・・・
  • 事例2: 制服姿で学生を装い教室へ侵入・・・
  • 事例3: 消防職員の制服がネット販売に・・・

ユニフォームを使った犯罪に注意

もしユニフォームが不法投棄されたら・・・

ユニフォームは、「着用事業体のシンボルとして」、また「他人と着用者を明確に識別させる」ために、企業名等のプリントや刺繍が入っているものが多く見受けられます。これは、「誰が着用していたのか」を明確にするものであり、仮に不法投棄された場合には排出者責任を問われる可能性があります。
企業および事業体は、きちんとした管理のもと、処理責任を果たす必要があります。

もしユニフォームが不法投棄されたら

アーシンクリサイクルシステム


このページのトップへ

皆様の声

アーシンクリサイクルシステム導入企業様など、皆様の声をご紹介しております。

FAQ

アーシンクリサイクルシステムに関する、よくある質問集です。

メールマガジン(無料)

官公庁の法整備から企業・団体の取り組み事例まで、環境部署・ユニフォーム関連部署ご担当者様必見の情報をお届けします。

問い合わせ

マテリアルリサイクルの仕組みケミカルリサイクルの仕組み