• ホーム
  • 企業情報
  • メールマガジン
  • プレスリリース
  • 問い合わせ
  • アーシンク

    リサイクルシステム

  • SDGsユニフォーム
  • チクマのCSR方針
  • エコグッズ
  • 活動状況
  • よくある質問
  • プレスリリース
  • 企業情報
  • よくある質問
  • 問い合わせ
アーシンクリサイクルシステム
  • アーシンクリサイクルシステム
  • ユニフォームリサイクルのCSR
  • 広域認定制度
  • セキュリティの管理
戻る
リサイクルの内容
  • リサイクルの内容
  • マテリアルリサイクル
  • マークシステム
戻る
株式会社N・C・Sリサイクル事業について
  • 株式会社N・C・Sリサイクル事業について1
  • 古着リサイクル事業に係る廃棄物処理法条
戻る
SDGsユニフォーム
  • SDGsとは
  • チクマの企業理念と持続可能性の思想と結合
  • 接続可能なサプライズチェーンの構築
  • 接続可能な社会とわが社の取り組み
  • SDGsユニフォームについて
戻る
チクマのCSR方針
  • チクマのサズテナビリティとSDGs
  • CSRガイドライン
  • 株式会社チクマの環境方針
戻る
エコグッズ
  • PETボトル再生グッズ
  • ユニフォーム再生グッズ
  • エコグッズ採用実績
戻る
活動状況
  • 活動報告
  • 表彰履歴
  • 皆様の声
戻る
メールマガジン
  • メールマガジン
  • 新規登録
  • 登録情報の変更
  • 購読停止、登録情報の削除
  • バックナンバー
戻る
ホームメールマガジン 〉バックナンバー
福井県、「野鳥レストラン」開催へ 福井県自然保護センター
2019年01月28日

野鳥の姿を室内から間近で観察できる「冬の野鳥レストラン」が、福井県大野市の福井県自然保護センター本館2階「森の学習室」で開催される。無料。期間は2019年1月5日~2月28日。 窓の外のすぐそばに野鳥のためのえさ台を設置し、ヒマワリの種や牛脂、リンゴ、みかんなどを用意する。そのスペースが野鳥にとっての「レストラン」になる。野外にマイクを設置し、室内のスピーカーから野鳥の鳴き声や羽ばたく音などを聞くことができる。野外には撮影用の小屋を設置する。


野鳥レストランではこれまで、42種類の野鳥が確認されている。ヤマガラやシジュウカラ、ゴジュウカラなどのカラ類、コゲラやアカゲラなどのキツツキ類、ヒヨドリ、カケスなどの野鳥はほぼ毎日見られるという。ウソ、シロハラなどの野鳥のほか、リスやテン、キツネなども時々見られるという。 冬の野鳥レストランは、自然保護センター開館日の午前9時~午後5時に開催。日曜日と祝日の午前10時~午後3時には、福井県自然観察指導員から、野鳥の名前や習性などを聞きながら観察できる。 【福井県】

バックナンバーに戻る